恋愛にはある程度の"悪の感情"があると成功しやすい件

出会いアプリなら珍珍忠 > 恋愛について > 恋愛にはある程度の"悪の感情"があると成功しやすい件

恋愛にはある程度の"悪の感情"があると成功しやすい件

更新日時:
buntanormalのサムネイル画像今回の話は恋愛にはある程度の悪の感情が必要という話をします。

aki


「女なんてのはちょろいもんなんだなあ byあいだみつを」


あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、良い人はモテないのです。
何故良い人がモテないのかというと、全くモテないという訳ではありません。
ここは誤解しないでくださいね。
成功する比率の問題です、良い人だからモテるという事もあります。


しかしもしあなたが「俺自分はすごく良い人なんだけど全然モテない」という状態であれば
今回の話はぜひ聞いてください、あなたが何故モテないのかが良くわかると思いますし。
その理由と具体的な改善策を提案していきます。


それでは良い人が何故モテないのか? 
その理由は非常にシンプルで明確です。


良い人は単なる良い人であり、人としては素晴らしいが女に不安を与えることが
最も有効な相手を惚れさせるテクニックだという事を知らないのです。
 
 
これだから嫌なんですどモテる男っていうのはどんどんモテます。
もういやになるほど良い人がちょっと悪い感じのモテる男に女を横取りされています。
あなたや昔の管理人もそうですがモテない人ほどモテなくなるという悪循環です。
デフレスパイラルに陥るのです。


この理由も、モテる男に対し、女はなんとなくつまらなさとか魅力の無さを感じてしまうのです。
そして女は不満や不安を感じます。
 
当然、不安ばかりな人は邪魔者でしかありません。


でも、相手が喜ぶような良い事を提供しながら、
相手を意図的に不安にさせてしまう。
そういうデンジャラスな感じの男を女は好みます。
これは管理人がモテない頃は、信じられませんでしたし信じたくもありませんでした。


過去に管理人が持てない時代はいちいち女に対して
"単なる良い人"
でした。


モテない頃は、相手に対して誠心誠意まるでホテルのお客様のように女には


「誠心誠意サービスをしよう」

「おもてなしの態度で今回の恋愛だけは失敗できない」

「この恋愛は神に感謝」


そんな風に思っていました。


ホテル加賀谷の授業員に負けない位の接客です。



でもそんなものは全部モテない原因でした。
このようなホテルのコンシェルジェ化してしまうと女に不安を与える事が出来なくて
相手は逆にこちらに対して舐めてかかってくるのです。


これではできる恋愛もできなくなってしまいます。
女の心をGETする事はこんな態度だと難しいのです。


「このサイトの管理人は彼女に対してサービス精神や付き合うのに感謝の思いは無いのか?」


と言われると、それは誤解で
自分の付き合う彼女に対してそんなことはありません。


「この管理人が言っていることわけわかんねーんだけど」


と思われるかもしれません。
私はあくまでも、
彼女に対しては思いやりの心とか誠意とかはありますという事です。


釣った魚にえさを与え続けないといけませんし、
綺麗な花でも水をあげなければ枯れてしまいます。


付き合いたいという女に対しては違います。
これからGETするハンティングする為に良い人であれ
と言うマインドは邪魔です。


「その女を好きでいることや存在自体に感謝」、なんていう聖人君子のような考え方では失敗します。


良い人は恋愛で失敗するというのは、大事な部分なので何故付き合う前には、
誠意や誠実さなどの良い人である状態が邪魔になるのか?
解説していきましょう。


落としたい女には誠心誠意なんてものは不要

onokoのサムネイル画像


あなたが絶対に覚えておいてほしい事は、女があなたを好きでもないのに
誠心誠意のサービス精神を持った良い人になる事はダメです。
そういう感情は邪魔になるのです。


女が落ちてもいない段階ではきれいごとは一切抜きです。
あなたは落とす為の施作として悪い人になるわけではないのですが、
悪の感情を持つことが必須条件になります。


ちなみに管理人は別に悪い人間とかでは無く、自分で言うのもなんですが
すごく良い人だと思います。
ツッコミとかそういうのはご遠慮いただきたいですが、とにかく良い奴だとは思います。
私自身も良い人とか、心が純粋で擦れていない人は大好きで当然だと思います。


しかし恋愛は残酷なもので法律が通用しなくて
良い人とか悪い人は全部ごちゃまぜです。
どちらかというと良い人は本当のところ不利だと思います。

 
たとえば、付き合う前じゃなくて付き合った後の女の話をしますけど、
あなたが無事に付き合えた女性がいたとして感謝の気持ちで
誠意を持って1人の女を大切にするために過剰サービスでいちいち何かあるごとに


「俺たち交際1カ月記念日」

「ついに交際2カ月記念日」

「すごーい!交際1年記念日」


とかいう感じで次々とあなたが企画マンとなり
どんどんなんとか記念日とか設定していたら一体どうなるのでしょうか?
これは男でも女でもどんなふうになると思いますか?


答えは、

 
「いちいちウザい人」になります。


このような好意が相手に対しても好まれるとか思っていたら大間違いです。
相手が困っていたらすぐに迎えに行ったり、タクシーの代わりにあなたが駅と会社と、色々送り迎えしたり
手となり足となり、食事の際にもいちいち奢り、
あなたが女性が欲しいと言ったものにいちいち反応して全てを買い与える。
そしてメールはクイックレスポンスで早く返信、何かあればすぐにドブに携帯電話が落ちても取りに行く。
子犬が欲しいと言われて買ってあげる、スイーツを食べに行く。
相手の提案は家来とか召使いや奴隷のように全て受け入れる。


これは誰が何と言おうが紛れもない誠意だと思います。
相手の事が本当に「好きであればこその誠心誠意」です。
男としてもこれだけやれば相手はもう自分を好きにならざるを得ない状態だと思うでしょう。


しかし相手はあなたの誠心誠意な行動に対してどう思うのか?
実はこんなに尽くしても物足りない人と見るのです。
しかも悪いことにこれが恒常的になりあなたは後戻りできないくらい散在し時間も労力も奪われます。


相手は物足りないと感じているのにあなたは好意と誠意を尽くし続ける。
こんな状態になっても別に男も女もどちらも悪いわけではありません。
あなたはこのように過剰なサービスで相手に尽くしたところで相手は何とも思わなくなります。
ひどいとかそういうのじゃなくてそれが普通になります。


どんなに贅沢な食べ物でも毎日食べれば飽きるように
あなたがするフルマックスの行為が何も感じない状態になります。
あなたはそういう事を理解しておいてください。
相手は悪くありません。
 

特に女とはそういうものなんです。


あなたがこの事実を直視して受け入れることが重要なのです。
つまり、それが人間の性質なので性善説とか性悪説と同じで人間の習性なのです。
あなたはそれを知った上で行動していかなければ相手の好感度や、あなた自身の魅力を上げることはできません。
あなた自身が魅力的になるようにずっと良い人である必要は無いのです。


しかし女の多くは人生の目的が一緒に居て幸せになれる人と結ばれることです。
これは白馬の王子様が迎えに来てほしいとかそんな願望が常にあるという事です。
しかしそれだけでは物足り無くて、単なる良い人や真面目で誠意があるだけでは、
残念ながら付き合うような恋人として見れない女はたくさんいるのです。


この事実は私も1人や2人尽くし過ぎても何の効果が無かった女がいたのでわかりました。
物を買い与えたり、奢ったり、全ての提案を受け入れるような
やりすぎた誠意で過剰なサービスでこれからも接しようとするのは、
相手を落とせる可能性を上げる行為にはなりません。


逆に言えばすごく良い人に見せようとして
単なる優しいだけや過剰なサービスをするのは、
女に嫌われないように良い人でいたいだけで自己中心的といわざるを得ません。 
 
 
好きな女に対してウザくてブサイクだと思う事が大事

sekaiitinobusu

「すげえブサイクでウザいな」


管理人は今では相手がモデルみたいな美人や、アイドルみたいな可愛い子でも悪い感情全開で接します。
それは具体帝に落とすためのマインドで、ぶっちゃけると「すごい不細工だなこいつ」とか
「見てらんねーほどきつい顔だわ」みたいなことを思いながら女を口説きます。
そこまで言わずとも道端の畑の野菜で大根とかカボチャみたいに考えて接しましょう。


なぜか? 


それは相手の外見のレベルが高ければ高いと思うほど、自分自身が冷静でいられなくなるからです。
多くの女と接してきた管理人でもそう思いますし、モテる男は美人の前でビビっていないと思います。
相手が可愛いとかきれいだと思うと冷静な自分では無くなってしまうのです。


今の管理人でさえもそうだといえます。
弘法も筆の誤りとか猿も木から落ちるとかと同じで好きになればなるほど、つらいです。
相手からラインやメールが来ないと気になって仕方ないのです。


変な話ですが恋愛とは意識して不安になればなるほど相手をドンドン好きになるスパイラルに陥るのです。
こんな状態ではとてもじゃないですが女が好むような男性にはなりません。
だんだん追いかける恋愛、惚れて負ける恋愛、下からの立場になってしまいます。


しかも悪いことに、これは良い教育を受けた人や、
善人みたいに自分に正直であればあるほど陥りやすいのです。
さらにここを深堀りしてもう少し説明したいと思います。


合コンをイメージしてください、思い出してください。
たとえば、合コンをしていて皆で楽しくしゃべっている最中に、あなたの隣にすごく可愛いきれいな女子が来たとします。
その女がラッキーな事に少し酔っぱらってて目がトロンとしてて、あなたになついてきたり手を触ってきたり、あなたの膝の上に手を置いたりします。
まるでキャバクラの女のようにヘロヘロになっていたとします。


こんな状態の時あなたはどのような感情になるかと言うと
恐らくアドレナリンがドバドバ出てやる気がみなぎってくるでしょう。


ここで全然モテない男、失敗してしまう男は、「この女行けるんじゃね?」とか
「今までの合コンで一番楽しい」だとか「俺に気がある、間違いない」と勘違いしてしまいます。


しかしこれがモテる男や、成功するできる男は違います。
何が違うのかというと、「何こいつ、ウザい面白くない」とほぼ間違いなく考えているという事です。
それが冷静に自我を保てる秘訣です。


しかし何故こんなめったにないチャンスでモテる男は、ウザくて面白くないと思っうのか?
ここは非常に興味深いのですが、主導権が女にあり女のペースになっているからです。


こんな合コンで酔っぱらってきた女の方はその時その男の事を全然意識していなくてどうでも良いと思っているケースが多いのです。
男とは逆に「全然意識していない」という状態です。
これに反して男はその気になってしまいモテない男は女の行動の一つ一つに対して一喜一憂してしまう形で、
勝手に盛り上がって舞い上がり、その結果女はそうでもないのにお互いの好きという感情に温度差ができてしまうのです。


この温度差が厄介で男はもう気になって恋わずらいの状態になります。
挙句の果てに最後には男が女を好きになりますが、女は意識していないため
連絡を無視したり、距離を置いたりという事でその関係は消滅してしまうのです。
このパターンは非常に多いのです。


好きになってしまった男は一体何がいけなかったのでしょうか? 
問題は女からのスキンシップや最初の態度で好きになってしまったのです。
キャバクラの客はキャバクラ上に触れられただけで好きになってしまう人がいます。
こうなると負けです、恋愛の勝者は、どちらが相手に対し好きにさせて主導権を握るか?
このような追いかけさせた方が勝者になるという事が100%言えます。
 

モテる男と言うのは相手を追いかけるのではなくて、追いかけさせるのです。
今回のようなやられそうな状態になることを、無意識で感じてしまうので「おもしろくない」と思います。


その男が主導権を握れないからです。
これは相手を落とすのは女の方では無く、本来男がしなければならないとわかっているからです。
だから、女からの好意やボディタッチにすぐに好きになってしまう恋愛経験が乏しい男がたくさんいるのです。


これは100%断言しておきます。
モテない男では無くてモテる男になる為には女に対しての好きな気持ちを捨てる事です。
辛い経験や騙された経験をしてきた男こそこのことをわかるはずです。
本来相手を好きになるという行為は普通なのですが、それが裏目になる事が非常に多いのです。 


だから、あなたがターゲットにしている落としたい女を落とすまでは何とか踏ん張って
悪の感情を抱いて自己をセルフコントロールしてください。


敵は己です、あなたが好きな女を落と時に、
相手に対してこのような感情を持つことで、落とすためには必要な当サイトで紹介しているような
相手にやりたくない事や、
不安に陥れるような行動をしていく事が落とす為の方法になるからです。
 
 

恋愛にはある程度の"悪の感情"があると成功しやすい件関連ページ

恋愛にはある程度の"悪の感情"があると成功しやすい件
モテる方法を書いていきますけど、あなたが単なる良い人であれば絶対に落とせません。中学生でもできるモテる方法を紹介します。
恋愛ドラマや映画は大嘘!好かれたいなら女は男の後輩や妹の様に扱おう。
あなたに好きな女がいるけどどんな態度で接すれ良いのか?あなたを好きになってくれる方法をお伝えします。
これが正解!確実に出会い系で成功する為に取るべき態度と行動教えます。
出会い系で失敗している人に読んで欲しい!これが出会えるための最強の方法だ。
悪用厳禁!出会い系で相手を必ず落とすストーカー1歩手前の5つの技とは?
出会い系で知り合った美人やかわいい子イケメン等レベルが高い人を恋人にするにはどうすればいい?
残酷な真実、ネットやスマホの普及で何もしなければあなたには恋人ができない!
あなたは行動しなければ、このままでは一生恋人が出来ずに独身のままで人生が終わってしまうという事実に気づこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://idaten99.futoka.jp/mtos/mt-tb.cgi/1481

コメントする