当サイト管理人珍珍忠(ちんちんちゅう)という男の赤裸々な告白

出会いアプリなら珍珍忠 > サイト運営者管理人より > 当サイト管理人珍珍忠(ちんちんちゅう)という男の赤裸々な告白

当サイト管理人珍珍忠(ちんちんちゅう)という男の赤裸々な告白

更新日時:

珍珍忠(普)

どうも、管理人です。

このサイトでは珍珍忠(ちんちんちゅう)と名乗ります。
よろしくアルよ~。

恥ずかしいからこんなキャラを演じてますけど、
中身は一般サラリーマンなので安心してください(笑)

なぜこんなサイトを立ち上げたのか?

興味がある人は読み進んでくれたら嬉しいです。

おっと、彼女や彼氏がいる人は読まないで下さい。
平和な家庭や仲を保つためにお帰り下さい。
出会い系アプリをやりたくなっちゃいますからね。

当サイト管理人の生い立ち

deaikeiyarou

俺のプロフィールと自己紹介から紹介しておきます。
生まれは新潟、育ちは新潟、大学は東京、
今は全国を転々としているいわゆる
単なる平凡な普通のサラリーマンで、
地元の友達はみんな結婚してマイルドヤンキー化してしまいました。

で、そんな管理人の年齢はちなみに30代
これまで色々な恋愛をしてきたんだけど、
それはそれはもう色々な事の試行錯誤でした。

女と縁が30歳まで全くない人生の日常とは?

pcotaku

最初に中学生の時や高校生の時は彼女なんかできなくて
女に声をかけることもままならない、挙動不審の男
しかも髪型も坊ちゃん刈りで、なんかオタクみたいな感じ。

高校生にして腹が出て体重は90キロを超えていて
そこらのオヤジと間違えられたり、
近所のアパートに住んでいる学生の女性からは
不審人物がいると通報されたこともあります。

相撲取りみたいな体型でしたし
体育会系的な部活に所属しているわけではなく
私はパソコンクラブと言うオタク御用達の
キモイグループに所属している男で、しかも部長でした。

そんな俺がはまりまくってたのは2ちゃんねるです。
今でこそ有名ですが、管理人がひろゆきだったころのモナーとか
有名なFLASH動画とか、吉野家コピペが流行った時代。

当時はインターネットが普及し始めた時で、
インターネットでは2ちゃんねるに書き込み
15年以上前から2ちゃんねるに入りびたり
クエイクとか、ハーフライフと言うオタク専門のオンラインゲームで
ウルティマオンラインというゲームばかりしてました。

男子校だったのか?
と思われるかもしれませんが、
管理人は当時女ともしゃべることもない男女共学でした。

女がクラスには半分居るのにしゃべったこともない学生時代でしたし
義務的な行事ではだれにも相手にされない毎日。
クラスの女性は私の事を覚えている人は一人もいないと思います(悲)

普段家では部活が終わったらアニメや漫画を読み漁り
TSUTAYAでガンダムシリーズやカードキャプターさくら
さらに、当時流行していたおジャ魔女どれみを
日曜日の朝に毎週見たりするほど
大学に入学した後も全然事はうまくいかずにオタクだった俺は
千と千尋の神隠しに出てくる顔無しのように女に会っても

「あ、あ、」

しか言えない気持ちの悪い男でした、
それにもちろん20歳の成人式を迎えても童貞で
彼女がいない状態。
今思えば笑いがこみあげてくるけど本当に女友達もいない状態でした。

女がすぐ横にいるのに絡みもしない人生って
なんなんだろうと悶々としていました。

人生の転機は大学4年生の時の初めての彼女により人生が壊滅

capple

はい、ここで人生の転機です。

彼女ができました、当時学生時代にアルバイトしていた
光通信のコールセンターで、
一緒の大学に通ってたS子さんです。

よくある話ですが、
アルバイトをしていて学校で姿を見かけて
声をかけて仲良くなったというパターンですね。

挙動不審な自分になぜか唯一近づいてきた女です。
人は半径5メートル以内の人と付き合うという話がありますが、
まさにその通りで
その女性と何故かすんなりと付き合う事が出来たのです。

しかしこのS子さんは
実は付き合ってはいけないカテゴリの女だったんです。

アルバイト先でも一緒に食事をしたりと、
しても私に対しボディタッチや服のはしをつまんで歩くとか
上目づかいで話してくる。
好きというそぶりを見せてくる。
短期間で会っただけなのにメールをすぐに返してくるし送りまくってくる。

出会い系野郎さんみたいな人にすごく興味がある。
もっともっと話を聞きたいという
かなりの熱意で迫ってきまして

「俺にも春が来た!」
という感じでトントン拍子で付き合いました。
しかし賢明な人や経験がある人ならわかると思いますが
いわゆる付き合ってはいけない女の子です。

メールがとにかく長文で沢山着たり、
当時の話でmixiを自撮り写真が大量
またそれとは別にブログも更新。

たくさんの恋愛についての持論展開で
明らかに私に好意があると取れる内容の記事
いわゆる熱しやすく飽きっぽい、
しかもややメンヘラ気味で精神的に不安定

ちょっと今考えるとナルシストで自意識過剰な子
男を惚れさせて終わるだけの惚れさせ屋でした。

このような女性S子さんにまんまとひっかかり、
私はその後すぐに最初の1回目のデートで
相手のテンションの低さと無言のデートに唖然。

デートの途中で、いきなりいい話があると持ち掛けられたのが
FXへ投資すればものすごく儲かる、
みんな友達がやってるから今すぐに始めないと乗り遅れる

そのように言われて私はその女性の為にプロミスから借りました。

しかし投資翌日に高リスクの投資は大失敗し
その結果250万の借金を卒業式の日に負わされます。
それ以後女性はみんなこうなんだと信じ込み女性不信になりました。
後で大学時代の友人にもちょっかいを出していることがわかり、
極めて評判が悪い子だとわかりました。

他の男に至っては携帯電話を共同で買わされ
カップル割引みたいなプランで投資購入したりさせられたりと、かなり悪質でした。
詐欺師のその女の子は、自分で自覚がないほど男をたぶらかして
金をむしり取るとすぐに次へ行くので危険な存在です。

また、詐欺などで騙された経験がある男性であれば
付き合ってはいけない子だとわかるはずですが
この時童貞君の彼女いない歴22年の私にはそんな事は全く思いませんでした。

それからは地獄のような暗黒の時代

jigoku

そこから会社に就職したわけですが
S子さんに振られたのが会社に入社する1か月前ほどの話でした。

そこからは全然入社しても全ての女性がS子さんみたいなんだろうと
斜に構えて批判するような男になってしまっていました。

悲しいですが、その時に良くしてくれた女性や
その後転勤して宮崎県に滞在していた時期もあるのですが
そこで合コンなどが開催されていても高校、大学時代以上に
私は女性と話す事が出来なくなっていました。

良かれと思って紹介してくれた女性は
メールが来ても全部無視してましたし、
合コンが開催されたまに呼ばれて人数合わせ程度で行っていたのですが、
そこでも特に女性と連絡先を交換するだけです。

その後フォローのメールも一切しません、
また相手からまた会いましょうという内容のメールが来ると
女性不信だった私は返信もせずに
そのまま放置して自然消滅していきました。

今思うとすごく勿体なく、機会損失も甚だし話ですが。
変な意味で女性に対して好意が寄せられると、
反発するという悲しい免疫ができてしまったのです。

上司からはお前なんで彼女作ろうと思わないか?
というウザい干渉には興味がありませんと答えてましたし。
女性の同僚からは、なんで彼女付くらないの?
と言われてましたが、全然その気もなく
死ぬまで一人で独身でいいわ
と言ってました。

多分私と同じ境遇の人は他にもたくさんいるんじゃないかな?
そんな風に思っていました。

1冊の本と友人の死で彼女が欲しいと考える。

時は27歳そのころ、
やっと再び彼女が欲しくなるような出来事が起きました。
それが死ぬ前に後悔する事という内容の本でした。

sinumae.jpg

この本を読んで、
死ぬ前に後悔する事と言う内容ですが、死ぬ間際の人間に
質問インタビューした内容が書かれていました。

その中で、死ぬ前に後悔することが子供を残せなかったこととか
ちゃんとした恋愛を無いかったこととか
結婚しなかったことがかなり挙げられているのです。

これを読んでいたら私自身なんだかうずうずして
今まで女なんていらないという自分の感覚にちょっと疑問を感じ始めました。
そしてその時丁度、友人の死があったのです。

独身の友人は三井住友銀行に勤める友人で
20代にして課長代理までいったエリートである"Z"。
生前、そのZと飲み会をやろうという話になりました。

Zの元には管理人含めて10人の友達が集まりました。
飲み会の途中で1人が、
普段忙しいので彼女なんて作れないという話をし出しました。

そして最後にZが言っていた言葉に私はずしんと来たのです。
今まで俺が生きていて後悔したのは彼女がいなかったことだ。
その後1か月後にZは他界。

なんとなく考えさせられるような毎日と
若くして亡くなってしまった友人Zの言葉が心に刺さったままで
なんだかいままで女なんて信じられないという呪縛、
自分の殻がZの言葉で破られたような気がしたのです。

彼女がいなかった人生ってそんなに悲惨なのか?
と自問自答しました。

あらゆる出会いを求め様々な事に挑戦することに

それからはかなり迷走しました。
それから管理人は合コンや、紹介、
行きつけの床屋を美容院に変えて店員さんと仲良くなり

そこから紹介、バイクの免許を取るために通った教習所で
一緒に受講している女性へのアプローチ
婚活パーティーや恋活パーティー、
ストリートナンパ、銀座300円バーや出会い居酒屋
会社の研修で行くたびに女性への声掛け
女性への接点を増やすために色々やりました。

キャバクラにも行きましたが
相手がプロなのでお勧めできませんが勉強にはなりました。
恋愛で女性としゃべる練習にはなりました。

しかしなかなか実らないのでネットを利用してみる事にも挑戦しました、
その結果気付いたのが効率が良いのはネットだという事です。

30歳、あらゆる出会いを求めたら、出会い系サイトが効率が良い事に気づく

sumahoijiri.jpg

こ、これだ!
私はネットを使う方法、いわゆる出会い系サイトで
あなり効率よく女性と出会えることに気づきました。

実際に昔ほど怪しいサイトもなくなったようで、
今ではmixiが運営しているYYC(ワイワイシー)
Yahoo!が運営しているYahoo!パートナーというサイトがありますし
PCMAXやミントなどの超優良サイトを使えばかなり出会えます。

もちろクソみたいな出会い系サイトも点在して
サクラだらけだったりしますが、
管理人が利用したものの中には
真面目に出会えるようなサイトもたくさんありました。

アメリカでは4人に1人がネットでの出会いで彼女ができる国です。
今では中国でもそのくらい出会い系が流行り、
新興国であるアジア各国もそのくらい出会い系サイトを利用して恋人作りをしています。

そこで気付いたのは世間一般のイメージよりも
ちゃんと出会い系サイトは健全なものもあるという事実
何より効率よく出会えるという事実です。

よく犯罪ばかりやネガティブな報道ばかりに焦点が当たるために、
ダークなイメージは拭えないのですが、
数ある出会い系サイトの中でも厳選して秀逸なものもあります。
これを利用したらかなり使えるのです。

あなたに恋人を作るのが管理人のライフワークに

管理人が彼女を作ろうと深淵に考え始めたのが30歳の時です。
そこからかなり遅いスタートでしたが、
様々な女性と触れ合うのは楽しいですし
恋愛とかって一生使えるスキルだと思うんですよね。

このサイトに来たという事はあなたが恋人を作りたいとか、
寂しいとかそんな理由だったりすると思います。

あなたが男でしたら、今まで彼女何人いましたか?
もしくは、女であれば彼氏が何人いましたか?
童貞や処女でも歓迎です。

私がおススメする出会い系サイトを利用して
彼女を作る方法や出会う方法を中心に
あなたに恋人の作り方を今こそどんどん書いていきますので
ご期待ください。

私でも30歳から出会い系で開眼したのであなたもサクッとできます。

さあっ!次はあなただ!!

素晴らしい出会いを。
出会い系野郎管理人へのお問い合わせは以下のアドレスへ

deaikeiyaroucomアットマークgmail.com

※アットマークは各自変換してください。


タグ :

コメントを投稿する

当サイト管理人珍珍忠(ちんちんちゅう)という男の赤裸々な告白関連ページ

出会い系野郎に新キャラ登場!その名も「出会たい子ちゃん」です。
出会い系サイトでLINEで話していたら別のサイトに誘われてそこで騙されたと気づきました。
あなたは雑誌や書籍の恋愛ノウハウを読むよりもうちのサイトを読んだ方が良い!
恋人いない歴=年齢の人向けに作られた最強の情報サイト
当サイト管理人珍珍忠(ちんちんちゅう)という男の赤裸々な告白
出会い系サイト超入門サイト出会い系野郎の管理人がプロフィールを赤裸々に公開していきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://idaten99.futoka.jp/mtos/mt-tb.cgi/1449